炭素繊維による水質浄化
 ミラカーボン種類
 ミラカーボンセット品
ロープ吊り下げセット
ロープフローティング
フレームユニット
フロートユニット
縦連結セット
ミラカーボンコンブ
 炭素繊維の特長と比較
 炭素繊維の養殖利用
 生物処理用接触材
 排水処理設備機能向上
 ラグーン処理機能向上NEW!
 地球温暖化防止対策NEW!
 ミラカーボンプラス
 ミラカーボンの設置
 ミラカーボンの施工例
 使用上の注意事項
 
 カタログダウンロード
 
 炭素繊維

ミラカーボンロープフローティングユニット

ミラカーボンをロープとフロートに固定し設置することより水質浄化が図れます
多くの水量をより効果的かつ経済的に水質浄化することができ、ユニットを増設することで大量設置が可能です。
河川、湖沼などでの大規模な設置に適しています。

※現場状況に応じて、係留設備を用います。


ロープフローティングユニット規格

●標準仕様は、ロープ長5mのロープ吊り下げユニットが1つの単位です。
●ロープ吊り下げユニットを、上部および下部で連結して1列とします。
●連結したロープ吊り下げユニットを複数列設置し、1基のロープフローティングユニットとなります。


ロープフローティングユニット
型番 吊り下げユニット ユニット
取付数

(m)

(m)

(m)
炭素繊維量
(kg)
1×10S IU-1K1-10 10 5.0 5.0 0.8 2.0
2×10S 20 10.0 5.0 0.8 4.0
3×10S 30 15.0 5.0 0.8 6.0
4×10S 40 20.0 5.0 0.8 8.0
1×10W IU-2K1-10 10 5.0 5.0 1.45 4.0
2×10W 20 10.0 5.0 1.45 8.0
3×10W 30 15.0 5.0 1.45 12.0
4×10W 40 20.0 5.0 1.45 16.0
1×10T IU-3K1-10 10 5.0 5.0 2.1 6.0
2×10T 20 10.0 5.0 2.1 12.0
3×10T 30 15.0 5.0 2.1 18.0
4×10T 40 20.0 5.0 2.1 24.0
(伏せ図)

2×10(S・W・T)タイプ
(標準仕様)
フロート係留:浮力80
    中間:浮力 5kg
取付金物:SUS L-50×50×4
係留設備:現場状況により
      ・水底にオモリ
      ・陸部よりロープ


(型番表示)
型番:
×
連結数5m×1〜4 → L
:標準10列@0.5m → W
シングル → 縦1本
ダ ブ ル → 縦2連
トリプル → 縦3連
※特注寸法、ユニット取付間隔の変更なども可能ですのでお問い合せ下さい。


ロープ吊り下げユニット
分類
(縦本数)
型番 ミラカーボン 浄化材数
(m)

(m)
炭素繊維量
(g)
S(1本)
IU-1K1-10 CFK−1 10 5.0 0.8 200
W(2連) IU-2K1-10 CFK−1 20 5.0 1.45 400
T(3連) IU-3K1-10 CFK−1 30 5.0 2.1 600
(姿図)

IU−2K1−10
(標準仕様)
ミラカーボン:CFK-1
上部ロープ :PE6mm
下部ロープ :PE6mm
浄化材取付 :結束バンド
ユニット接続:SUSスプリングフック


(型番表示)
型番:
IU-K1-
製作範囲:
=1〜5、
       =2〜20
標準:
=1〜3、=10
:n=1、n=2、Tn=3
※標準品はCFK−1ですが、他の浄化材でも対応できますのでお問い合せ下さい。
※特注寸法、ミラカーボン追加可能ですのでお問い合せ下さい。


Copy Right (C) 2009 SO-EN Co.,Ltd.